Speed wi-fi HOME L01を徹底解説!口コミと評判は??

Speed wi-fi HOME L01を徹底解説!口コミと評判は??

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

2017年2月17日にUQコミュニケーションズからWIMAXの新ホームルーター「Speed wi-fi HOME L01」が発売されました。

 

まだ発売されて間もない当機種ですが、詳細スペックや前作の「novas HOME+CA」と比較をしてみて買いなのか、他の機種の方がいいのか、などを見ていきたいと思います。

 

Speed wi-fi HOME L01は据え置き型ホームルーター

WIMAX端末は、据え置き型ホームルーターとモバイル端末の2種類がありますが、HOME L01は前者の据え置き型ホームルーターです。

 

ホームルーターは自宅に置いて使うことが前提となっており、主に以下のような特徴を持っています。

 

    • 工事不要、コンセントにつなげばネットを使える

 

    • 有線での接続も可能

 

    • 引越しの際の撤去工事は不要、端末の持ち運びが簡単

 

  • 電波が強いので、距離が離れていても接続可能

 

ホームルーターは光回線とかなり似た製品です。

 

工事不要なので初期費用がほとんどかからず、安い月額料金で運用できるのですが、スピードや安定性に関しては光回線よりも劣ります。

 

 

HOME L01のスペックと特徴について

●HOME L01のスペックは??

 

商品名 Speed wi-fi HOME L01
寸法 約H180×W93×D93mm
質量 約493g
カラー ホワイト
最大通信速度 下り最大440Mbps / 上り最大30Mbps
電源 ACアダプタ-

 

参考:Speed Wi-Fi HOME L01

 

上記がSpeed wi-fi HOME L01のスペックです。

 

●HOME L01の特徴は??

 

それでは次にHOME L01の特徴について見ていきます。

 

有線LAN2台、無線LAN40台の計42台まで接続可能

 

 

参考:開通工事不要で簡単設置、ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01」の発売

 

HOME L01は一つの端末で42台まで同時にインターネット接続が可能です。

 

そのうち2台は有線で接続ができ、無線に比べてより安定した速い通信ができます。

 

またホームルーターはモバイルルーターに比べて強い電波を発するので、ホームルーターが置いてある部屋とは別の部屋で利用しても、スムーズな通信が可能です。

 

4×4MIO CAで下り最大440Mbpsの速度を実現

 

 

参考:Speed Wi-Fi HOME L01

 

HOME L01は4×4MIO CAという最新技術が使われているため、UQ WIMAX史上最速の440Mbpsで通信可能です。

 

4×4MIO CAとは、4×4MIOという技術とCA(キャリアアグリゲーション)という技術が合わさったものです。

 

 

参考:4×4 MIMOとは?

 

4×4MIO…電波を発する基地局と受信する端末側にそれぞれ4本のアンテナを搭載することで、複数の電波を同時に扱う技術です。

 

この技術単体での最高速度は220Mbpsです。

 

 

参考:キャリアアグリゲーションとは?

 

CA(キャリアアグリゲーション)…二つの電波を束ねて一つの電波にする技術です。

 

4×4MIOと融合し、220Mbpsの2つの電波を束ねることで220Mbps×2=440Mbpsというスピードが実現しました。

 

前作のnovas HOME+CAはCA技術のみが採用されていたので、下り最大で220Mbps止まりでした。

 

今作のHOME L01は440Mbpsのスピードが出るので、単純に倍のスピードになったということですね。

 

どんな部屋にもマッチするシンプルなデザイン

 

 

前作のnovas Home+CAは外部にアンテナが付いていたので、お世辞にもかっこいいデザインではありませんでした。

 

それに対してHOME L01は、アンテナ内蔵でシンプルなデザインのため、どんなお部屋にもマッチします。

 

また寝室等で使う人は、機器の明かりが気になって眠れないという人もいると思いますが、HOME L01にはLED消灯モードが搭載されているので、問題なく使うことができます。

 

前作novas HOME+CAと比較してみた

  novas HOME+CA Speed wi-fi HOME L01
質量 約317g 約493g
サイズ 約130×69×162mm 約H180×W93×D93mm
最大速度 220Mbps 440Mbps
最大同時接続数 18台 42台
無線LAN
  • 2.4GHz:IEEE802.11 b/g/n 
  • 5GHz:IEEE802.11 a/n/a
  • 2.4GHz:11n/g/b
  • 5GHz: IEEE802.11ac/n/a

 

前作のnovas HOME+CAと比べて大きく変わった点は、最大速度と最大同時接続数です。

 

最大速度は先ほど解説した通り、4×4MIO CAが採用されたことでUQ WIMAX史上最速の440Mbpsとなっています。

 

また、最大同時接続数は前作の2倍以上の42台になりました。

 

 

L01の口コミ、評判

 


 


 


 


 

全体的に肯定的な意見が多かったですね。

 

前作「novas HOMECA+」と比較して通信感度がよかったり、特に問題なく接続できるという意見が多かったですね。

 

ただ、同時に販売されたW04、当サイトで現在おすすめしているWX03も現在かなり通信感度が良くなっているので、わざわざ外で持ち歩けないL01に契約する必要があるのか?といった意見は時々みられました。

 

どのプロバイダ経由で契約するべきか??

 

Speed Wi-Fi HOME L01を契約する際、必ずWiMAXのプロバイダ比較をしたほうがいいです。

 

現状、当サイトで一番オススメとなっているのはGMOとくとくBBです。

 

なお、下記が今月のWiMAXプロバイダのキャンペーン特典です。

 

2018年9月のプロバイダ別キャンペーン特典
UQWiMAX 最大10000円分の商品券
So-net WiMAX 月額3280円で3年間利用可能
GMOとくとくBB 42000円分の現金キャッシュバックorもしくは月額2170円~から使える月割プラン
BIGLOBE WiMAX 30000円(3年契約)キャッシュバックもしくは2695円~利用可能な月割特典

 

どのWiMAXプロバイダから契約しても性能は全く変わらないので、結局はキャンペーン特典で選ぶ必要があります。

 

各プロバイダ特徴がありますが現状だとGMOが一番コスパが良いでしょう。

 

まとめ

HOME L01は発売されて間もないので、まだ十分な量の口コミはありませんが、一部の購入者からはスピードがかなり速い!という評価も出ています。

 

前作のnovas HOME+CAは遅い・不安定といった声も挙がっていたので、今回の新作には期待がもてるかもしれませんね!

 

口コミ・評価が集まり次第、随時更新していきたいと思います。

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

WiMAXを「お得に」使いたいならプロバイダを比較しなきゃね!


WiMAXはプロバイダによって毎月キャンペーン特典が変更します。
キャンペーン特典の有無で3万円くらいの差(!)が出ます。

当サイトでは毎月1日に最新のWiMAXプロバイダのキャンペーンを徹底比較しています。

「お得に」「安く」利用したいならランキングで比較するべし。


WiMAXプロバイダ比較!最大3万円のキャッシュバックを貰えるってマジ!?

管理人プロフィール プロバイダ一覧 端末を徹底比較 WiMAX比較ランキング WiMAX契約の流れ