WiMAXの高額な違約金をタダにする裏技はコレ!

WiMAXの高額な違約金をタダにする裏技はコレ!

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

「違約金高っけぇええええええ!!」

 

「マジで払いたくねぇええええええ!」

 

あなたは違約金(解約金)の額を見たら間違いなく上記のように感じるでしょう 笑

 

WiMAXで一番痛いのは違約金です。

 

基本的にWiMAXは引っ越ししたから解約しなければいけないとか、そういうのはありません。

 

しかし、いざ契約してみて、

 

「思ったよりネットに繋がらなかった」

 

「やっぱもっと速度が速い方がいいから光回線に変えたい・・・」

 

ひょっとしたらそう感じてしまうこともあるかもしれません(少なくとも私は一度も感じたことはありませんが)。

 

そこで、今回違約金のについて触れたいと思います。

 

基本的にどこのプロバイダも違約金の価格は同じ

 

 

これは理解しておいてほしいことですが、基本的にどこのプロバイダのWiMAXも違約金は一緒です。

 

WiMAX2+の解約金

 

  GMOとくとくBB BIGLOBE SO-net BroadWiMAX
1~13か月 24800円 19000円 19000円 19000円
14~24カ月 24800円 14000円 14000円 14000円
25か月目【契約更新月】 0円 0円 0円 0円
26か月 9500円 9500円 9500円 9500円
解約方法 契約更新月の場合オンライン解約

それ以外の場合は申請書を郵送

オンラインで解約 オンラインで解約 電話で申請解約

 

*GMOとくとくBBのみ解約金24800円となっているので気を付けてください。

 

これが解約したときの解約金となります。

 

また、BIGLOBEのキャッシュバックキャンペーンを適用した場合は上記に加えて15000円の特典違約金が付くので気を付けてください。

 

もし途中で解約する可能性が高いようでしたらBIGLOBEはやめた方がいいですね。

 

また、GMOとくとくくBBの違約金は24800円とかなり高くなっています。

 

その代わりキャッシュバックも3万円台と非常に高額なので、最悪キャッシュバックで相殺すれば問題ありません(その辺については下記で詳しく解説しました)。

 

また、それぞれのプロバイダの解約ページは下記となっております。

 

  GMOとくとくBB BIGLOBE SO-net BroadWiMAX
解約先URL >>>詳細<<< >>>詳細<<< >>>詳細<<< >>>詳細<<<
解約時の連絡先 03-5456-1090(平日10~19時)
  • 0120-86-0962
  • 03-6385-0962(携帯から)

(年中無休:10~19時)

0120-117-268(年中無休:9~21時)

0120-001-827(月~土:11~18時)

 

 

 

違約金をタダにし、得する方法

 

違約金をタダにするにはいくつかの方法があります。

 

  • 契約更新月に解約
  • キャッシュバックで解約金を相殺させる
  • 違約金を負担してくれるネット回線に乗り換える
  • 契約20日以内であれば違約金なしで解約できる

 

契約更新月に解約

 

WiMAXは基本的に2年縛りになっています。

 

契約してからちょうど25か月目の1カ月間の契約更新月にWiMAXを解約すれば、違約金0円でWiMAXを解約することができます。

 

 

ただし注意点があり、契約更新月を逃してWiMAXを解約すると違約金がかかります。

 

この契約更新月を逃さず解約することがポイントになってきます。

 

キャッシュバックで相殺させる

 

これが現実的だと思います。

 

キャッシュバックで相殺させることによって、実質違約金を0にするのです。

 

例えば、GMOとくとくBBBIGLOBE WiMAXといったWiMAXプロバイダでWiMAXを契約すれば

 

最大3万円台のキャッシュバックを貰うことができます。

 

参照:WiMAXプロバイダ比較!最大3万円のキャッシュバックを貰えるWiMAXプロバイダはここ!

 

2018年6月のプロバイダ別キャンペーン特典
UQWiMAX 最大10000円分の商品券
So-net WiMAX 最大30000円のキャッシュバック&月額980円~利用可能
GMOとくとくBB 40500円分の現金キャッシュバックorもしくは月額2170円~から使える月割プラン
BIGLOBE WiMAX 30000円(3年契約)キャッシュバックもしくは15000円キャッシュバック&月割特典

 


仮に、利用開始1年後に解約する場合、キャッシュバックをもらって解約すれば、違約金を相殺できるだけではなく1~2万円手元に残ります。

 

つまり、上手く解約できれば、解約金がタダになるどころか、お金が貰えるのです。

 

 

違約金を負担してくれるネット回線に乗り換える

 

ネット回線によっては「違約金を負担してくれるプロバイダ」があります。

 

正確にいうと「違約金を負担するよ」と公言しているのではなく、「新規で契約してくれたら高額キャッシュバックをあげるよ」といった類のものです。

 

つまり、キャッシュバックでWiMAXの違約金を負担すればいいので、実質「違約金を負担してくれるネット回線」と呼んでます。

 

WiMAXを乗り換える際に個人的におすすめなのは「NURO光」と「auひかり」です。

 

この2社は独自の回線を使っているため、比較的回線速度が安定しやすいです。

 

ただしauひかりもNURO光も利用できるエリア、建物がありますので契約する際は姉妹サイトの記事である「光回線を使いたい!アパート(マンション)に回線が通ってるか確認する方法とは!?」という記事を参考にしてください。

 

 

 

 



 

WiMAXを解約するときにauひかりに乗り換える場合、最大30000円まで違約金を負担してくれます。

 

違約金は基本的に最大19000円なので、auひかりに乗り換えた場合、違約金は充分ペイできます。

 

また従来のWiMAXを使っていて速度が遅い場合、最新のWiMAX2+の端末に乗り換えることによって、問題なく使えるようになるケースもあります。

 

参考:WiMAXの最新端末W05のレビュー!WX04、W04と比較してみた

 

過去の端末であるWX03、W03当たりを利用している方は、そろそろ最新の端末に変更することをお勧めします。

 

 

また、WiMAXの端末を変更する際はWiMAXのプロバイダそのものを乗り換えたほうが良いです。

 

現在のプロバイダから他社プロバイダに乗り換えることによってキャンペーン特典を適用させることができ、お得にWiMAXに契約することができます。

 

参考:WiMAXを再契約!?もう一度キャッシュバックを貰う方法とは??

 

その場合、GMOとくとくBBでのWiMAX2+申し込みをオススメします。

 

参照:GMOとくとくBBの口コミ、評判は??GMOを詳しくぶったぎりました!

 

契約20日以内であれば違約金なしで解約できる

 

現在、電気通信事業法によって、インターネット回線には「初期契約解除制度」という制度が2016年5月から適用されるようになりました。

 

初期契約解除制度を簡単に説明すると、

 

一定の範囲の電気通信サービスの契約について、契約書面の受
領日を初日とする8日間※ が経過するまでは、電気通信事業者
の合意なく利用者の都合のみにより契約を解除できる制度

 

です。

 

参考:総務省

 

WiMAXもこの制度が適用されています。

 

特にGMOとくとくBBに関してはこの制度を積極的に活用しており、もし契約者がWiMAXに不満を持ち解約したい場合、契約後20日以内なら規約金なしで解約できる仕組みにしました。

 

 

もし、リスクを少なく契約するのであれば今のところGMOとくとくBBでの契約がおすすめです(なぜか、他のプロバイダではこの制度のことについて一切触れていません。)

 

まとめ

 

解約金を0円にするためには

 

  • 契約更新月に解約
  • キャッシュバックで相殺させる
  • 違約金を負担してくれるネット回線に乗り変える
  • 契約20日以内であれば違約金なしで解約できる

 

この4パターンで違約金を払わないですみますね!

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

管理人プロフィール プロバイダ一覧 端末を徹底比較 WiMAX比較ランキング WiMAX契約の流れ